中国で外出時の必需品、トップは携帯電話 現金を持ち歩く必要性は低下

从“出门穿衣带干粮”到“手机钥匙钱包”,出门必备物品的变化反映了时代的变迁,而随着移动支付、指纹解锁等技术的应用,人们的“出门必备清单”也有了新的变化。近日,中国青年报社社会调查中心联合问卷网,对2007名受访者进行的一项调查显示,手机位居人们出门必备物品的第一位,44.2%的受访者觉得出门携带现金的必要性在降低。

「外出時には衣服を整えて食べ物を携帯する」から「携帯電話・鍵・財布」まで、外出時の必需品の変化は、時代の移り変わりを反映している。また、モバイル決済や指紋による開錠などの技術応用が普及するにつれて、人々の「外出時の必需品リスト」の中身にも新たな変化が生じている。中国青年新聞社社会調査センターと問巻網はこのほど、2007人を対象とした調査を実施した。それによると、「外出時の必需品リスト」のトップに挙げたのは「携帯電話」だった。また、回答者の44.2%が、「外出時に現金を持ち歩く必要性は低下している」と感じていた。

现阶段,你日常出门必备的物件有哪些?调查中,手机(82.2%)、钥匙(71.2%)和身份证、驾驶证等证件(56.8%)排在前三位。其他物件依次是:充电宝(49.2%)、现金(48.8%)、银行卡(45.3%)、纸巾(38.1%)、耳机(34.7%)、化妆护肤品(14.6%)、笔(13.6%)、笔记本电脑(7.8%)、电子书阅读器(7.5%)、纸质书(6.2%)、记事本(6.0%)和相机(3.8%)等。

最近、あなたが日常的な外出に必ず携帯するものは?というアンケートでは、「携帯電話(82.2%)」、「鍵(71.2%)」、「身分証や免許証などのID(56.8%)」がトップ3となった。この後には、「モバイルバッテリー(49.2%)」、「現金(48.8%)」、「銀行カード(45.3%)」、「ティッシュペーパー(38.1%)」、「イヤホン(34.7%)」、「化粧品(14.6%)」、「ペン(13.6%)」、「ノートパソコン(7.8%)」、「電子書籍リーダー(7.5%)」、「書籍(6.2%)」、「メモ帳(6.0%)」、「カメラ(3.8%)」が続いた。

随着时代的发展,不少过去用处很大的物件正在逐渐从人们的“出门必备清单”中淡出。数据表明,44.2%的受访者觉得出门携带现金的必要性在降低,30.7%的受访者觉得是银行卡,25.4%的受访者则认为是相机。

時代の発展に伴い、これまでは「外出時の必需品リスト」の上位に名を連ねていた多くの物品が、だんだんとリストから消え去りつつある。統計データによると44.2%の回答者が「現金」を外出時に持ち歩く必要性が低下しているとしたほか、「銀行カード(30.7%)」や「カメラ(25.4%)」も同様に必要性が低下している物品として挙げられている。

“出门必备清单”转变的背后是时代的发展变化。结果显示,78.9%的受访者感受到了手机支付带来的便捷,62.3%的受访者感受到了移动通信的发展,40.7%的受访者认为这种变化得益于指纹锁、人脸识别技术的应用,33.1%的受访者觉得是因工作和生活节奏加快,30.0%的受访者觉得是因人们利用零碎时间的意识增强,20.0%的受访者认为是因人们更加注重自身生活品质。

「外出時の必需品リスト」の変化は、時代の発展・変化とは切っても切り離せない。調査によると、リストの変化の原因について、「モバイル決済によって支払いが格段に便利になったため(78.9%)」、「モバイル通信の発展による(62.3%)」、「指紋による開錠や顔認証などの技術応用のおかげ(40.7%)」、「仕事や生活のリズムの加速による(33.1%)」、「隙間時間の活用に対する人々の意識が高まったため(30.0%)」、「自分自身の生活の質にこだわる人が増えたことによる(20.0%)」などの回答が寄せられた。

受访者中,00后占1.0%,90后占21.4%,80后占51.1%,70后占19.3%,60后占5.5%,50后占1.2%。

回答者を年代別に見ると、「00後(2000年以降生まれ)」が1.0%、「90後(1990年代生まれ)」が21.4%、「80後(1980年代生まれ)」が51.1%、「70後(1970年代生まれ)」が19.3%、「60後(1960年代生まれ)」が5.5%、「50後(1950年代生まれ)」が1.2%だった。

コメントは受け付けていません。