中国の新型寝台高速鉄道が運行開始

中国中車青島四方機車車両股フン有限公司(フンはにんべんに分)はこのほど、中国の高速鉄道にまた新しい車系が加わったことを明かした。1日午後9時16分、D311号車が上海に向け北京南駅を定刻通りに出発、中国の新型寝台高速鉄道が正式に運行を開始した。この寝台高速鉄道は全く新しいデザインを採用、全車両がコンパートメントタイプとなっており、乗客に快適な乗車体験を提供している。

この寝台高速鉄道は、中国鉄道総公司の主導の下、中車青島四方機車車両が既存のCRH2E型寝台高速鉄道をベースに開発した中国で最新の新型高速鉄道。16両編成で、全車両が一等寝台、営業速度は時速250キロメートル、乗車定員は880人となっている。乗客の快適性やプライバシー、多様な機能に対するニーズなどの各方面において、全く新しいデザインを採用し、寝台車としてのサービスの質をいっそう高めることに成功した。

新型卧铺动车来了!每个铺位都是包间

记者从中车青岛四方机车车辆股份有限公司获悉:我国动车家族又添新成员。7月1日21时16分,随着D311次列车从北京南站准点驶出,开往上海站,我国新型卧铺动车组正式上线投入运营。据了解,该卧铺动车组采用全新设计,每个铺位都是“包间”,将为旅客带来更舒适的乘坐体验

这一卧铺动车组是在中国铁路总公司主导下,由中车青岛四方机车车辆股份有限公司在既有CRH2E卧铺动车组基础上研制的我国最新型卧铺动车组,采用16节编组,全列软卧,运营时速250公里,总定员880人,列车从旅客乘坐舒适性、私密性和多样化功能需求等方面采用了全新设计,进一步提升动卧的服务品质。

「人民網日本語版」2017年7月4日

コメントは受け付けていません。