中国、高温オレンジ警報発令継続  12省の最高気温が37-39度に

中国の中央気象台は12日早朝6時、4段階のうち2番目に深刻なレベルの高温オレンジ警報の発令継続を発表した。12日の日中、華北、黄淮、西北地区の東部、四川の盆地、江漢西部、江南、内蒙古(モンゴル)自治区中西部、甘粛省中西部、新疆維吾爾(ウイグル)自治区の南部盆地、北部などで気温35度以上の猛暑となる見込みだ。

河北省中南部、河南省北西部、山東省北部、山西省南西部、陝西省、寧夏回族自治区、甘粛省中西部、内蒙古自治区西部、東部の南側地域、上海市、浙江省南部、重慶北部、新疆維吾爾自治区の南部盆地などの一部の地域では最高気温が37-39度に達し、局地的に40度を超える場所もあるという。

气象台发布高温橙色预警 12省份最高温可达37-39℃

中央气象台今日6时继续发布高温橙色预警:预计,7月12日白天,华北、黄淮、西北地区东部、四川盆地、江汉西部、江南以及内蒙古中西部、甘肃中西部、新疆南疆盆地和北部等地有35℃以上的高温天气。

其中,河北中南部、河南西北部、山东北部、山西西南部、陕西、宁夏、甘肃中西部、内蒙古西部和东部偏南地区、上海、浙江南部、重庆北部以及新疆南疆盆地等地的部分地区最高气温可达37~39℃,局地可超过40℃。

「人民網日本語版」2017年7月13日

コメントは受け付けていません。