中秋節の物語

ウサギの薬作り

中国の言い伝えでは、3人の神仙がみすぼらしい憐れな老人に姿を変えて、それぞれキツネ、サル、ウサギに食べ物を乞いました。キツネとサルは老人に食べさせる食べ物を持っていたのですが、ウサギには何もありませんでした。どうにかして老人に食べ物を与えたいと、善良なウサギは考えに考えて、とうとう火の中へ飛び込み、自分を老人に捧げました。これを見た天帝はことのほか感動し、ウサギを月宮に上げて「玉兔」にし、嫦娥に付き添って薬作りを手伝うようにさせたのです。

后羿が太陽を射落 嫦娥が月に奔る

class=”photoRight”> 嫦娥遠い昔、10の太陽がいっぺんに現れるようになりました。これにより地上は灼熱地獄となって、海も枯れて、百姓らが暮らしにくくなってしまいました。このとき后羿という英雄が立ちました。彼は崑崙山に登り、力をいっぱい弓を引き、一気に余計な九つの太陽を射落としました。后羿は大きな功績を建て、百姓に尊敬され、多くの人が彼の名に憧れ弟子になり、技量の勉強を始めました。しかし、その頃、ずるくて心がけの悪い蓬蒙も弟子なりました。

間もなく、優しくて且つきれいなお嬢さん嫦娥という人が后羿のお嫁さんになりました。后羿は弟子に技量を教えることと狩猟以外、一日中も妻と一緒に過ごし、人々はこの似合いのカップルを羨ましく思っていました。

ある日、后羿は崑崙山の友達を訪ね、偶然に西王母に会い、不老不死の薬をもらいました。話によると、この薬を飲むと、ただちに昇天して神になることができます。しかし、后羿は嫦娥から離れがたく、しばらく不老不死の薬を嫦娥に預かってもらいました。嫦娥はこれを化粧台の箱に隠しました。残念ながら、蓬蒙はこの場面を見てしまいました。

三日後、后羿は弟子らを率いて狩猟に行き、悪だくみをしていた蓬蒙は、仮病気で外出しませんでした。皆が行った間もなく、蓬蒙は剣を握って屋敷内に踏み込んで、嫦娥に不老不死の薬を出せと脅かしました。脅かされた嫦娥は、自分が蓬蒙の相手ではないことをよく知っていたので、緊急なのに即断し、箱を出して不老不死の薬を一口に飲みました。飲んですぐ、嫦娥の体が地面から上昇し、窓口から飛び立って昇天しました。主人のことを思っているため、嫦娥は人間に最も近い月に住むようになりました。

夕方、后羿は家に帰り、侍女らは泣きながら昼のこと伝えました。后羿は驚き、怒ってその悪人を殺そうとしましたが、蓬蒙はもう逃げてしまいました。絶望した后羿は夜の空を仰ぎ、愛妻の名前を呼んでいました。驚いたことに、その日の月は特に明るくて、しかもあの揺らいでいた人影は非常に嫦娥に似ていました。后羿は侍女らに命じ、嫦娥の好んでいた庭園にテーブルを置き、好きな果物を供え、遥か月の宮殿で自分のことを思っていた嫦娥を祭りました。

百姓らは嫦娥奔月のことを聞いてから、皆も月の下に香炉を置き、善良な嫦娥に吉祥や平安を求め祈りました。以来、中秋節に月を祭る風俗は民間に広がりました。

呉剛伐桂

呉剛空を仰いで月を眺めると、その表面に黒い人影のようなものが見える気がしませんか?中国の伝説では、それは呉剛という人が桂の樹を切っている姿なのです。唐代、呉剛伐桂の神話が広まりました。 月の中には500丈に達する桂が生えていて、巨木だけではなく、この木は本体癒しの奇妙な力を持っています。呉剛は元々人間界で樵として暮らしていました。彼は仙人になりたいと考えていましたが、熱心に修行する気はありませんでした。その様子を見た天帝は、呉剛を月宮に連れて来て、月にある桂の樹を切り倒すことができたら仙人にしてやろうと言いました。

しかし、呉剛がいくら樹に斧を入れても、その切り口が自然にふさがってしまい、なかなか切り倒すことができません。こうして、どうしても仙人になりたい呉剛は、今でも月で桂の樹に斧を振るい続けているのです。

お勧め:

コメントは受け付けていません。