第二回:「~だと思う」のキモチ

上海の中国語教室ELCスタッフの千春の、ワンポイント中国語です!

第二回:「~だと思う」のキモチ――(以為、認為、想、覚得)

■以為(yi3 wei2)――「~だと思った」(あら、私、誤解してたわ)
自分が間違って認識していた場合。たとえば、大好物のしいたけを
最後まで残している人がいて、「きっと嫌いだから食べないんだわ」
と思っていたら、最後にまとめて食べたではありませんか!
そこで一言、
「我以為にぃ不喜歓香ぐぅ的。」(しいたけ、嫌いなのかと思った)

■認為(ren4 wei2)――「私は~だと思います」(誰がなんと言おうと!)
「誰がなんと言おうと」と、かなり強い「私の考え」を伝えたいときに
使います。なので「我個人」(私個人的には)などを前につけて、
「我個人認為~」(個人的には~だ思います。)とか…

■想(xiang3)――「~でしょう」
意味としては、「認為」と同じですが、かなり軽い表現。話し言葉で、
ごくごくふつーの「~だと思う」。
「我想這雨馬上会停的。」
(この雨はすぐやむと思います。)というより、
(この雨すぐやむでしょ。)くらい。

■覚得(jue2 de2)――「~だと思うなぁ…」
「感覚」です。つまり体の五感で感じること。ひぃりんぐです。たとえば、
~お買い物中~
A:「なんかこの服おかしくない?」
B:「是ま?我覚得不錯やぁ!」(そう?私はいいと思うけど…)
~エアコンの温度で~
A:「これでもエアコンついてるの?」
B:「我覚得已経很冷。」(私は寒いくらいだわ…)

★QQQ、早速練習★
こんなトキ、あなたはどれ?(以為、認為、想、覚得)
1、ワインの試飲会で、「こっちのがおいしいと思う」
2、選挙前、「○○が当選すると思う」
3、ブルースウィルスの大ファンに、「ダイハードⅣ観てないの?もう観たと
思った。」
4、誕生日プレゼント「絶対気に入ってくれると思う!」
5、四川料理屋で「まだまだ辛さが足りないね」
6、「一人で解決できるとでも思ってるの?」

************************千春のバアイ、勝手な回答は次回!
★AAA:前回(不好意思、対不起、抱歉):勝手な回答★
1、対不起 2、不好意思 3、対不起
4、不好意思 5、抱歉 6、不好意思

コメントは受け付けていません。